>

自動精算機のメリットとは

この記事をシェアする

精算にかかる負担が大きく変わる

自動精算機のメリットは、顧客だけが得られるものではありません。そこで働く従業員の負担も大きく変化します。清算のために必要としたスタッフは自動精算機を導入することで、そこにコストをかけることが無くなれば、他の業務に優先させることができます。
例えば陳列棚の整理、在庫管理など、今人手を必要としている方に変化させられます。また清算を自動精算機が行うため、客観的に店内をスタッフが見て確認することができます。精算の際にはミスを生じさせないために、スタッフは清算に集中してしまうため、他に意識を向けることが難しいもの。店内の問題に気づきづらいのです。
しかし清算を機械が行うために、スタッフの意識も変わり、店内に目を向けることが可能となります。

レジ締めのストレスも大きく変わる

また営業後のストレスも軽減できます。これまで人の手でレジ締めを行っていたという場合、間違いのない計算を心がけていたとしても、何故かレジ締めの際に金額の誤差が生じるということはなかったでしょうか。
何が問題なのか、原因はどこにあるのか、店内の営業を終えた後に振り返っても思い出せることもないものです。また精算内容を振り返ったとして、その問題を見つけたとしても、間違いを生じたその時間にタイムスリップできるわけではありませんから、誤差の生じた金額を取り戻すこともできません。
しかし自動精算機の場合はミスもほぼ無い上に、レジ締めも自動精算機が行います。つまりレジ締めのストレスを感じることなく、ミスもなく売り上げを集計できるのです。


トップへ